早朝の東京国立博物館で、ドレスロケーションフォト



まだまだ続くコロナ禍の事もあり、結婚式を行う事が出来ないこのご時世。

その代わり、せめて写真だけでも結婚の記念に残しておこうというご依頼が増えてきました。


ご相談を頂くロケーションは様々ですが、一番人気なのは日本最古の博物館と言われる、

上野公園にある東京国立博物館。


誕生したのはなんと 1872年と100年以上前。

歴史の重みを感じさせてくれる雰囲気たっぷりで、

人気だったドラマ「半沢直樹」を始め、沢山のドラマの舞台でも登場していました。

今回撮影のご依頼を頂いた新婦さんも半沢ファン。

ドラマを見て、フィアンセさんと出会う前から、結婚する時にはこの場所で写真を撮ってみたい、

そんな思いがあったそうです。

ようやく彼女の願いが叶ったのが6月初めでした。




元々けっこう人気な撮影スポットだった東京国立博物館。

コロナ禍でロケーションフォトブームが到来。

希望日の一ヶ月前から電話での予約を受け付けているのですが、

まるで安室奈美恵の引退コンサートチケットを取り合うかのうような競争率。

受け付け開始の9時ちょうどに電話しましたが、

やっとのことで担当者に繋がったのは40分後でした。

元々は夜景も綺麗な夜8時からの枠を希望していましたが、

空いていたのは開館前の7時-9時のみ。


新郎新婦さんにも「頑張って早起きしましょう」ってお話をして、

2時半に起床、4時に bozphoto & styles のアトリエにてお支度開始、

6時に現地へ向かいしました。





早朝7時なので綺麗な朝日が拝めるかなとも期待しましたが、

当日はあいにくの雨。


ですが、お天気に左右されないのが洋館ロケの醍醐味。

上野の山らしい自然も背景に、屋根の下での撮影からスタートする事にしました。




こちらは新婦さんのお気に入りの一枚。

ご家族だけでの披露宴では、この写真をウェルカムボードとして使って頂きました♪




東京国立博物館には何度か撮影で訪れた事がありますが、

早朝タイムは初めての経験。


新郎さんに至って前日から睡眠数時間というハードスケジュールだったそう。

だけど、朝だから残せるこの色鮮やかなステンドグラスを見て、

新婦さんも早起きしたかいがあったと感動してました。


Photo by Tsutomu

ヘアメイク by makky☆