ホテルニューオータニのローズガーデンでドレスロケ



最初の東京オリンピックの時に建設され、都心なのに広大な敷地面積を持つホテルニューオータニ。

絶景の日本庭園はけっこう有名ですが、意外と知られていないのが屋上緑地に広がるローズガーデン。


なんでも、英国王室ご用達のブランドを手がけるコーディネーターさんがデザインされたとか。そういえば、中を歩くとイギリスのバラ園に迷い込んだような雰囲気があります。


5月頃と10月頃、年に二回の見頃を迎えるローズガーデン。

今回は6月末に結婚式を控えている新郎新婦さんの前撮りとして撮影をさせていただきました。


お二人の結婚式が元々予定されていたのは二年前の2020年。

沢山のゲストを招待する披露宴を計画していたら、あれよあれよとコロナが広がり延期に。

去年も一度、結婚式の計画を試みましたが、第三波だか第四波だかが来てまた延期に。


本当に結婚式を行う事は出来るのか? と心配になってきところで、もう気晴らしに先に写真だけ残しちゃおうってことで、ホテル館内巡りでのロケーションフォトを行う事になりました。





お支度を終えて最初に訪れたのは、ちょうど見頃を迎えたローズガーデン。

余り知られていない場所なので、満開の庭園をたった二人で貸切状態となりました。


咲いているバラの数は 3万輪もあるそうです。

バラと言っても色々な種類があるそうで、庭園に咲いているのは32種。

時間があったらまた訪れて、それぞれの違いをチェックしてみたいところです。





撮影の途中、両家のお母様も撮影の見学に来ていただきました。


新婦さんのお母様ははるばる静岡市から、ブーケも手作りで製作してきてくれました。





近くから撮ると、ちょっとしたバラ園に見えますが、ここの凄さは高い場所から見た時に初めて分かります。

本当に真っ赤な花園に迷い込んだ感じ♪





次に訪れたのは、ホテルニューオータニの代名詞とも言える日本庭園。

ホテルに庭園が造られたのではなくて、

元々江戸時代からあったお屋敷の庭園にホテルが建てられたというのが正しい順番。


だから、ここだけは異世界なんだなあって、分かります。





屋外での撮影が終わる頃、ちょうど雨が降り始めました。

ナイスタイミング!


撮影はホテル館内で続きます。


ニューオータニの館内は迷路のように複雑ですが、14年前くらいから毎年のように結婚式で訪れる機会があるので、館内のほとんどの撮影スポットは心得ている私。


どこで撮影したいかを聞かせてくれたら、どの順番で、どのルートを通って行けば良いか、全てご案内出来ちゃいます。


最後の一枚は個人的に好きな隠れスポットの青い壁。

こういう撮り方もちょっとかっこよくない?!





定番で外せないのがホテルの入り口と、ロビーの装飾との写真。

ロビーの生け花? は季節ごとに新しい物が登場するので、今月末の結婚式ではどんな物になっているかが、また楽しみです。





最後は、今月末に披露宴が行われるレストラン、トゥールダルジャンさんでの撮影。

ホテルニューオータニさんには50回以上は訪れていますが、実はこのレストランでの披露宴は今回が初めて。お二人にとってもようやく行われる事になりました。

私としてもとっても楽しみです♪



 

最後までブログを読んで頂いてありがとうございます。


bozphoto & styles は結婚式当日やロケーションフォトを撮影している小さな写真事務所です。


ウェディングだけでなく、そこからお子さんが誕生して、ニューボーンフォトや家族での記念写真など、長いお付き合いをさせて頂いている沢山のお客様から支えられております。


もし撮影プランにご興味ありましたら、下のロゴをクリックして、ホームページをチェックしてくださいね。