top of page

井草八幡宮 - 雨の日の七五三撮影から


雨の日の井草八幡宮での七五三詣り

七五三詣りでフォトグラファーに写真を依頼される際、一番心配なのがお天気。


折角のハレの日なのに雨だと着物が濡れてしまうし、寒いだろうし、お化粧も落ちてしまうかも。歩くのも大変ですよね。


bozphoto & styles の出張撮影では、当日の朝、皆さんにお会いする3時間前であれば、お天気をチェックして


1.他の日程にスケジュール変更


2.時間帯を変更、もしくは雨でも写真を残せそうな神社に変更


3.とりあえず、雨でもお詣りに行く


のいずれかでご相談を承ります。


撮影日延期の場合でも、半年以内の日程であればキャンセル料、発生しません。




でも、着物レンタルをされていたり、遠方からご祖父母の皆さんがその日の為に来られている場合、別日に延期が難しかったりしますよね。


そんな場合でもご安心ください。

写真は残せます!


ちゃーんと、良い写真も残せます。


今回は「雨の日はどうするの?」という

一番お客さまから頂くご質問に対して、

安心材料の一つになるであろう記事をかかせて頂く事にしました。





雨の日の井草八幡宮での七五三詣り

この日訪れたのは、練馬区にある井草八幡宮さん。


吉祥寺や練馬区、杉並区西部にお住まいのご家族には一番お勧めの神社さんです。


10月なのに梅雨が戻って来たかのようなシトシト雨が一日続いたこの日。ご家族のご都合もあり、七五三詣りは決行することにいたしました。



でもね、雨の日でも残せる写真って色々とあります。

雨の日だったら、雨の日ならではの思い出を残す事にしよう、そんな気持ちでご家族もお越し頂いてました。






井草八幡宮さんの良い所は、比較的屋根がある場所が多い事。


参道はパパに抱っこしてもらい、門の下に到着したら、そこから娘ちゃんのフォトセッションがスタートしました。 


「少しも寒くないわ〜」って、アナ雪のレリゴーの歌が聞こえてきそうなくらい、元気印な三歳児。草履でもキャッキャと歩き回っておりました。





集合写真は本殿の前の門の所で。


普段は参拝者さん達で混み合っているエリアですが、雨のためこの日は私達だけの貸し切り状態♪





井草八幡宮の中でも好きなのは、本殿周りの壁周りのエリア。


晴れの日は勿論、曇りや雨の日も柔らかい光が差し込んでくるので、ここを中心い色んな写真、ご祈願が始まるまでの時間撮らせて頂きました。







お祖父ちゃん、お祖母ちゃん達は遠方からも来てくれたので、男子と女子グループに分かれての記念写真。


そうするとね、女子の時は笑顔、男子グループの時は泣いちゃうっての、3歳女の子の七五三ではアルアルなのですw




雨の日の井草八幡宮での七五三詣り

そうそう、ここでワンポイントアドバイス。


雨の日の七五三詣りでの持ち物についてご紹介させていただきます。


(1)傘 

白か、透明の傘が好ましいです。 黒だとお顔が暗くなってしまうのと、赤とか黄色だと、明るい場所で撮影する際、その色がお顔に映り込んでくる事もあるので



(2)草履カバー

お母様が着物の場合は、草履カバーを用意されていると、足袋が濡れなくて良いかなと思います。お子様用の草履カバーってあまり売ってないので、主役の子達には長靴が良いかなと思います。


(3)大きいタオル

濡れたときや、転んでしまった時に用に、2ー3枚あると安心ですね


(4)大きめのバッグ 

雨の中で集合写真を撮るときなどに、まとめて入れておけて、なおかつ濡れないようにするのり便利かなと





井草八幡宮での七五三

雨にも負けず、最後まで楽しい七五三詣りを過ごしてくれたこの日の主役ちゃん。 少し寒かったと思うけど、お疲れ様でした。


お天気が心配な場合は、数日前から天気予報をチェックしながらご相談させていただきますね。



 


七五三撮影について

bozphoto & styles

の七五三撮影


カメラマン、Tsutomu の写真のスタートはアメリカでの報道カメラマン。 記念写真だけでなくドキュメンタリーとして、ふとした瞬間のお子さんの表情も逃しません。


撮影の基本料金 

45,000円


  • 雨天などの延期は前日まで無料

  • 撮影したデータ250枚〜の納品

  • 写真観覧用のWebギャラリー

  • ご自宅でのお支度も承ります。

  • アルバムや写真パネルをご注文頂く際の割引きポイント付き


七五三撮影についての詳細は、ホームページも是非チェックをお願いします!







Comments


bottom of page