Blog Gallery

デジタルデータのバックアップについて

(写真と本文は関係ありません(笑) 私が時々チェックしているフォトグラファー用の英語バイラルメディア、PtetaPeixel に、 ちょっと気になった記事が掲載されていました。 Wedding Photographers Loses Photos in a Fire, Only Offers 90% Refund というタイトル。 ストーリーは結婚式を終えた新郎新婦がアメリカの掲示板での投稿した記事から始まります。 自分たちの結婚式を撮影したフォトグラファーから最近連絡があり、彼の家が火事で全焼してしまい、 結婚式で撮影したデータがすべて無くなってしまったと伝えられました。 問題なのは、フォトグラファーがお詫びとして提案してきたのが9割の撮影料金の返金だそうです。なぜ9割かというと、彼が既に多大な時間を編集作業にかけていたのと、5時間の結婚式当日の労働賃金、そして往復1時間半の運転時間を考慮して、その分は差し引きますとのこと。 しかし、新郎新婦の二人としては納得行きません。 フォトグラファーがいくらそれまでに写真の編集に時間をかけていたとしても、 結局そのデータが手元に渡らないのであれば、作業賃金を支払う義務は無いのではないか、との事。 それで、皆さんの意見を聞かせて下さい、 との投稿でした。 投稿はかなり盛り上がった様子で、コメントは1000件以上入っていました。 私がこれに関して意見を述べ始めるとかなり長くなるので、 bozphoto & styles だったらどうするか、そしてデータのバックアップはどうしているか、 それについて今回は書かせていただきます。 もし我々の事務

日比谷パレスでの結婚式

11月初め、まだ辺りが紅葉になり始めるかな?という頃、 都心のど真ん中なのに緑に囲まれたレストラン、日比谷パレスでの結婚式を撮影してきました。 新郎さんは実はけっこう有名なイラストレーターさん。 イギリス風なデザインで大学生の頃から多数の雑誌などへイラストを提供している方。 会場は全て新郎さんが描いた愛犬、ポコちゃんをメインに、 大好きスターウォーズなどがなども散りばめられた世界観が広がっていました。 このお二人から撮影のお問い合わせを頂いたのはなんと当日から一年前。 ポール・スミスと婚礼衣装を検索していて、私の結婚式で着ていたポール・スミスのスーツの紹介記事から発見されたそうです。 私の結婚式のスーツ、懐かしいですね。もう4年前の事になります… 会場装花を担当して頂いたのはフローリストの チェリーラディッシュ さん。 何度か別会場でご一緒させて頂いた事がありますが、 それが目黒雅叙園だったり、八芳園だったり、通常は会場装花として持ち込む事が出来ないような場所。 でも、この方しか作れない装花、装飾に一目惚れされた新郎新婦さんが交渉してまで入れたいという、 最近大人気のフローリストさんです。 そんな結婚式のスタートです。 Photographer: Tsutomu Hair & Make: Makky☆ フローリスト:チェリーラディッシュ 結婚式会場:日比谷パレス

ブライスキャニオン国立公園での朝日

アメリカのグランドサークルといえば、一番有名なのはやっぱりグランドキャニオン。 ラスベガスに旅行に行くのだったら、グランドキャニオンも外せない、という話はよく聞きます。 毎年400万人が世界中から訪れていますからね。アメリカでも5本の指に入る人気観光地です。 でも、今回のドライブ旅行で私が一番楽しみにしていたのは、ユタ州にあるブライスキャニオン国立公園でした。 日本ではあまり知られていないこの国立公園。 私もアメリカに9年間住んでいたにも関わらず、 ブライスの事は最近まで名前すら聞いたことがありませんでした。 でも、今回グランドサークルの観光地を多数訪れてみて夫婦二人で思った事。 「ブライスキャニオンが一番感動した!」 でした。 正直、面積だと 5000k㎡ あり、長さも 450km という巨大なスケールのグランドキャニオンと比べて、 ブライスキャニオンはこじんまりとしていて、高台に登るとひと目でほぼ全てが見渡せます。 でも、そのサイズ感がちょうど良いんですよね。 身近に感じるというのかな。 グランドキャニオンのほうは広大過ぎて、絶壁の深さも一キロ以上あり、 縁に立つと恐怖感のほうがありました(笑) ブライスキャニオンの一番感動したことは、その構造物の美しさでした。 自然が何百万年もかねて創り上げた物ではあるのですけど、 まるで始皇帝の兵馬俑や、天空の城ラピュタのような、壮大な人工の建築物かのようにも思えてきました。 このあたりに住んでいる先住民にのいいつたえでは、地元の神々を束ねていたコヨーテの神が、 毎晩遊び呆けていた下っ端の神に罰を与えて石化させてしまったというお話もある

© bozphoto&styles

bozphoto & styles は東京を拠点に結婚式撮影・前撮り・フォトウェディング・ファミリーフォト撮影を手がける写真事務所です。

 - our location -

〒181-0001

東京都三鷹市井の頭3-13-11

サウスサイド井の頭 205

京王井の頭 井の頭公園駅から徒歩1分です。吉祥寺から一駅、都会の雑踏から離れた、少し静かで緑の綺麗な場所で佇んでいます♪

 - contact -

空き状況についてや撮影プランの詳細など、お気軽にお問い合わせください。会場探しや当日の流れなど、撮影以外についてもご相談承ります。