top of page

赤坂の日枝神社さんでの七五三詣り 写真撮影での参考情報のご紹介


赤坂日枝神社での七五三撮影

こんににちは。

bozphoto & styles の藤田です。

吉祥寺を拠点に七五三をはじめ、家族写真の出張撮影を手がけている写真事務所です。


東京や横浜、埼玉を始め、全国各地からの撮影のご依頼をいただいておりますが、今回はその中でも2番目に人気の神社さん、赤坂日枝神社さんでの七五三撮影についてご紹介させていただきます。

ちなみに、一番人気は明治神宮さんです。

ただ、最近は混みすぎて、私達へのご依頼が減ってきました…

明治神宮での撮影については、また近いうちにお話させていただきます。





赤坂日枝神社での3歳の七五三詣り

赤坂日枝神社さんについて


赤坂と言えば東京でも中心部。 

政治の中心である永田町からも近いので、官庁で働かれるご家族の参拝も多いみたい。

ビル街の中にありながら、高台にそびえ立つ神社さんなので、ひとたび境内に入りこむと、都心にいるのを忘れさせてくれる造りとなっています。


鮮やかな朱色の社殿や、裏手にある稲荷神社の千本鳥居が有名で、最近は鳥居で動画撮影をしている外国人のインスタグラマーもよく見かけます。


日枝神社さんでの七五三詣りと言えば、一番有名なのが、参拝記念品として巫女さんバージョンのリカちゃん人形が貰える事。コレが欲しくて、地元の神社で参拝予定だった七歳児が、ママにおねだりして日枝神社さんに変更した、というケースも何度がきいた事があります。


ちなみに、男子が貰えるのはウルトラマン。 

これは別に紋付き袴を着ている訳では無いので、余りレアキャラではありませんw


あと、高台にある神社なのですが、屋外にあるエスカレーターで本殿まで登っていけます。

車ですとすっごいエンジンを吹かして登って行くのですが、徒歩だとエスカレーターでけっこう楽。


吹きっさらしなので、雨のメンテナンスってどうなっているのか、とっても気になります。




日枝神社で七五三詣りの時に貰える記念メダル

神社でのご祈願について


赤坂日枝神社さんは予約制ではなく、当日申し込みをして、順番が来たら神職の方から呼ばれる、という流れになっています。 

ご祈願の受付時間は午前9時から午後時までで、基本的には30分刻みで行われています。


通常は10分くらいまで前に申し込めば、次のご祈願に入る事が出来ますが、11月の週末、混み合っている時だと、たまに一つ先のご祈願の回まで待つ必要があります。 混雑した時期は少し余裕を持った方がよいかもしれません。


ご祈願に入って頂くタイミングは、撮影当日、カメラマンのほうでもアドバイスさせていただいてます。


写真はご祈願の申し込みをすると貰えるメダル。

明治神宮でも記念メダルを貰えますが、個人的には日枝神社さんのほうが可愛らしいと思いますw




赤坂日枝神社の神門で記念写真

いつ訪れるべき?


上のほうでも書きましたが、赤坂日枝神社さんはとにかく人気の神社さん。ですので、もし日程や時間調整がある程度可能であれば、避けた方が良い日程や時間帯があります。


とにかく、平日がオススメ。

10月~11月の週末、特に11時~13時頃はピーク時間で、少なくとも20組くらいのご家族が七五三記念で訪れていて、それぞれが専属カメラマンを連れてきているので、あちらこちらで撮影会状態となっております。 そこに結婚式も入ってくるので、それほど広くも無い境内は大混雑。


もしお仕事などのご都合で週末でないと訪問するのが難しい場合は、


・午前10時まで

・午後4時以降


のいずれかの時間帯をオススメします。


10時頃は週末でも比較的空いていて、ゆったりと写真を残す事が出来ます。

特に本殿広場前、神門で写真を残したい場合は、上記の時間帯にしましょう。


そうでないと、この写真の場所も順番待ちになっている事が多いです。





混んでいる時期にぶつかった場合は、本殿前の広場を避けて、その周辺で写真を撮ったりしています。 私が好きなスポットは、神門から右手に少し向かった先のスペース。


抜け感が良くて、3歳や5歳のお子さんと背の高さが同じになる所が親子写真にちょうど良いのです。


ここでパパやママ、お祖母ちゃんやお祖父様との記念写真も撮るようにしています。


その他にも、あまり他の参拝者が集まらないスポットもいくつかあるので、当日の混み具合によってご案内するようにしています♪





赤坂日枝神社の境内でも一番の人気スポットが、 「開運碁盤」と呼ばれる碁盤。


神社さんによっては、「碁盤の儀」という、碁盤から勢いよく飛び降りることで、成長と自立することや、勝負運につい良い子に育つことを祈るそうです。


日枝神社さんの碁盤からのジャンプはちょっと危ないので、座ったり立ってポーズしてもらうだけにしています。 


ただこのスポット、週末は順番待ちになるので、タイミングが良くないと撮れません。そこだけはご注意ください。





もう1カ所、日枝神社さんで写真映えする場所と言えば、朱色の回廊部分。

色鮮やかで、奥行きを感じる写真も残せるので、

子供達のソロショットを撮るのであればこの場所がベストです。

ただ、11月のピークシーズンはこの場所が七五三祈願待ちの待機スペースとなり、この抜け感がなくなっちゃいます。


この日は平日だったので、私達だけでしばらく写真を撮る事が出来ました♪





日枝神社のもう一つの撮影スポットと言えばここ。


境内の奥の方にある千本鳥居です。


いつも混み合っている人気スポットで、七五三の家族が3組くらい順番待ちをしていたり、外国人観光客が tik tok の動画撮影をしていたりで、中々撮影出来ない事もあります。


もしご親戚がいらっしゃれば、場所取り待ちをしている間に、私達は別の場所で撮影するようにしています。


千本鳥居は根津神社さんにもありますが、こちらのほうが光の差し込み方が良くて、幻想的は雰囲気はあるんですよね。




赤坂日枝神社での家族写真撮影


個人的に好きなのは、本殿に入る神門前の道路。 

秋にお昼頃からの時間帯は、ちょうど良い逆光の光が差し込んで来て、

ここで家族写真を撮るととってもドラマチックな雰囲気になります。


本殿前の回廊が混み合っている時は、この道路でお子さんの楽しんでいる写真を撮ったりもしています。 そして快慶にある木に秋は紅葉が、春は満開の桜も咲いていて、数少ない季節感も感じさせてくれる撮影スポットになっています。




和傘での七五三撮影

この日は最後に私達が用意した和傘でも写真を撮らせて頂きました。


子供達にとっては一番喜んでくれる撮影アイテムです。


でも、これはちょっとした最後のアイテムなのです。

なるべく最初はアイテム無しで撮影を進めて行って、少し元気に限りが出始めたかな、疲れてきたかな、って時にジャジャーンと綺麗な和傘が登場!


ここで子供達のテンションがまた戻って来ます♪


あくまでも必殺アイテムなので、いつ登場するかは楽しみに待っていてくださいね。




今までの日枝神社さんでの七五三写真


日枝神社さんにはこれまで、長年に渡り撮影で訪問させていただきました。

今回以外の七五三の様子もご覧頂きたい場合は、下のリストのほうから是非チェックしてみてください。






 

最後までブログを読んで頂いてありがとうございます。


bozphoto & styles は吉祥寺を拠点に全国各地へ出張している撮影している小さな写真事務所です。


ウェディングから始まり、お子さんが誕生して、ニューボーンフォトや家族での記念写真など、長いお付き合いをさせて頂いているお客様によって支えられております。


もし撮影プランにご興味ありましたら、下のロゴをクリックして、ホームページをチェックしてくださいね。

七五三出張撮影のカメラマン

Commentaires


bottom of page