我が家に新しい家族がやってきた



今回はウェディングフォトとは全く関係の無い投稿となりますw


個人的なお話ではありますが、我が家に新しい家族が増える事になりました。


ミニチュア・シュナウザーのアンズちゃんです。

妻のmakkyが学生時代の頃から実家で飼っていたミニチュア・ダックスのモモ。

その彼が去年、15年の天命を全うしました。

その子を引き継ぐ意味もあり、桃 からの流れで 杏(あんず)という名前に、見に行く前から決まっていた我が家。

3月の桜シーズンが始まる前くらいに

「ワンコ… 飼ってみるか」と急に思い立った私達。


訪れたのは成田空港から約15分。

成田市の田んぼや畑が広がるエリアにあるブリーダーの Birdy Buddy ☆ Stocky Kennel さん です。


ブリーダーさんのゲートを越えると、ワンコの鳴き声大合唱がむかえてくれます。

両サイドの運動場の中に3匹づつはいたかなあ。

もうね、入り口から圧巻な感じでした。


オーナーの良川さん、私の同じエリアの福岡の中学校に、

高校からは野球で和歌山の高野山高校に通っていたそうで、

私とmakkyとの共通点が多くてびっくり、

そしてすぐに親近感が沸いちゃいました。

両家でワンちゃんは飼ったことはありますが、

子犬からというのはお互いに15年以上前の話。

その時の経験はほぼリセットされていたので、

引き取ったあともずっと相談が出来るブリーダーさんというのは、安心でした♪

ブリーダーさんのお部屋で引き取る前に撮影した、アンズの凜々しい一枚。

あ、一応女子ですw

下見に訪れた際、三匹くらい同型種がいたのですが、

アンズさんを見て一目惚れでした。

女子なんですけど、真っ白な眉毛にあごひげ。

坊主頭ですし、りりしくて、

なんだか合気道の創始者、植芝盛平さんみたいじゃないですか?


こちらがアンズちゃんの生みの親、バビちゃん。

パパもそうでしたけど、親子でも雰囲気がけっこうちがうんですね。

成長したらまた、変わってくるのかな?


ママとの面会もあると、なんだか養子縁組をしているような気分でもありました。

カワイイ娘ちゃんを産んでくれてありがとうと、感謝です。




我が家にやってきて今日で三日目。

最初の夜は早速、一晩中夜泣きでした。

すこしずつ、新しい場所に慣れてきてくれるかな?


まだ生後50日あまり。

この時期は一日20時間くらい寝ている事もあるそうです。

ひたすら寝顔写真が残せそう。

成長したらまた、親バカブログを投稿するかもしれません!


あ、お打ち合わせでアトリエにお越し頂いた際は、

ワンコが苦手でなければ、

アンズちゃんともれなく抱っこ出来ますので、お楽しみに!